Pharmacist Discusses Medications for Kidney Disease(UC Sandiego Health)をyoutubeで視聴して
 アマゾンプライムで見ることにできるGrey’s Anatomyという米国テレビドラマは医学用語の勉強になるのでコロナ禍のリモートワークの時にはよく見ていました。やけに院内恋愛が多いので気になりましたが…。最近、若い人はテレビよりもYoutubeをよく見るような時代になってきたらしいですね。ブームに乗るわけではないのですが、医学薬学情報をYoutubeで見ると医学英会話の勉強にもなりますし、国際学会での講演が聞き取りやすくなるので、昔からよく見ていました。腎臓の解剖学なども教科書を読むよりわかりやすく楽しいです。今回、薬剤師の腎臓病患者さんへの服薬指導についてのYoutubeを見ましたが、ちょっと????と思うことがありましたので、それについて解説してみたいと思います。青字がYoutubeでの米国薬剤師の説明内容、黒字が僕の感想です。

降圧薬の中でRAS阻害薬は夜のむといいかも。食欲がなく、飲み物も取れない元気がないときには、元気になるまで一時的に飲むのをやめることを医師が進言するかも
ある種の利尿薬は光線過敏症があるので気を付ける。
 ちなみにARBは「アーブ(Rの発音がむつかしい)」と発音していました。UFOのことは「ユーフォー」とはNativeは言わないらしいですが…。
 「食欲がなく、飲み物も取れないようなときに元気がないとき医師が一時中止する」これはRAS阻害薬による腎機能悪化を防ぐSick day対策としてはいい指導と思いますが、「高齢者で夏季には特に」そして「飲水励行」というのを付けくわえたいです。
 利尿薬に光線過敏症は確かにあるけど、すごく重要とは思っていませんでした。白人だから多いのではないかしら?

ニフェジピンは夜にのんだ方がいい
 RAS阻害薬でも夜にのんだ方がいいといっていましたが、ニフェジピンは24時間効果のある時効錠のことだと思うけど、「Non-dipper(睡眠時に血圧が高いままの人)なら高血圧による臓器障害が起こりやすいので」という説明が欲しかったです。Dipperの人にまでわざわざ「夜にのんで」ということはないでしょう。20200807_2.jpgというか、睡眠時に血圧を測定する人はほとんどいないんじゃないかしら。米国で非常に多い心筋梗塞が早朝(午前6時から8時)と夜間(午後8時から10時ごろ)に起こりやすいからかもしれません。

アムロジピンでシンバスタチン濃度が上昇する
 確かに、その可能性はあるけれど、もっともっと血中濃度が上がるはずのイトラコナゾール(併用で活性体のシンバスタチン酸の血中濃度が19倍になることが知られている[Neuvonen PJ, et al: Clin Pharmacol Ther 63: 332-341, 1998])やボリコナゾール、クラリスロマイシン(添付文書では禁忌になっていないけど禁忌レベルで、横紋融解筋症による腎機能悪化で透析導入になった症例報告もあるし[Lee AJ, Maddix DS: Ann Pharmacother 35: 26-31, 2001])、抗HIV薬(以上、CYP3A4阻害薬)、フィブラート系薬物(横紋融解筋症が起こりやすい)、シクロスポリン(これはOATP1B1阻害薬+CYP3A4阻害薬)の方が重要だし、グレープフルーツや九州・四国の特産品の文旦類の柑橘類の方が重要なんじゃないかしら(薬剤情報提供用紙を渡すだけではなく口頭説明も必要なレベル)。米国は心筋梗塞による死亡率が非常に高いからシンバスタチンの最高用量は80mg/日なっているので、気をつけなくっちゃいけないとは思うけど…。
アムロジピンの添付文書ではシンバスタチン80mgに併用するとシンバスタチンのAUCが77%上昇したと書かれているけど、上記の薬物の相互作用は数倍~20倍になるので1.77倍はあまり大したことはないと思っています。薬剤情報提供用紙に書いておけばそれでよしというレベルだと思います。

CKD患者の低血糖時にはオレンジジュースはやめてリンゴジュースかブドウ糖の錠剤に使用。だってオレンジはカリウムが高いから。
 オレンジジュースのカリウム濃度は 180mg/100gで42kcal、りんごジュースのカリウム濃度は77 mg/100gで44kcal。なるほど!でも含量が比較的少ないとはいえ、リンゴジュースを高カリウムの人に勧められるかしら?


プロフィール

平田純生
平田 純生
Hirata Sumio

趣味は嫁との旅行(都市よりも自然)、映画(泣けるドラマ)、マラソン 、サウナ、ギター
音楽鑑賞(ビートルズ、サイモンとガーファンクル、ジャンゴ・ラインハルト、風、かぐや姫、ナターシャセブン、沢田聖子)
プロ野球観戦(家族みんな広島カープ)。
それと腎臓と薬に夢中です(趣味だと思えば何も辛くなくなります)