2018年2月23日(金)に日本腎臓財団の功労賞を受賞しましたこと、謹んでご報告申し上げます。授賞理由は「日本腎臓病薬物療法学会」を設立し、薬物適正使用に貢献したことだそうです。でも決して私1人が頑張ったわけではありません。「日本腎臓病薬物療法学会」の元をたどれば、1999年に現兵庫医大薬剤部長の木村 健先生とともに設立した「関西腎と薬剤研究会」の設立にさかのぼります。初期設立ンメンバーや当時、和歌山医大教授だった秋澤忠男先生や、北九州腎薬の立ち上げに協力していただいた中本雅彦先生をはじめ、ご講演をいただき、ご支援していただいた諸先生方の温かいご指導のおかげで、現在、2,000人以上の会員の皆様に支えられる「日本腎臓病薬物療法学会」があると思います。会員1人1人の先生方、25を超える各地腎と薬剤研究会の役員の先生方のおかげで、私が代表して受賞させていただいたと身にしみて感じております。これまでお世話になりました関係者の諸先生方に心より御礼申し上げます。今回の受賞を励みに、さらなる薬物適正使用に関する情報発信に努めてまいりたいと思いますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

20180305.jpg

プロフィール

平田純生
平田 純生
Hirata Sumio

趣味は嫁との旅行(都市よりも自然)、映画(泣けるドラマ)、マラソン 、サウナ、ギター
音楽鑑賞(ビートルズ、サイモンとガーファンクル、ジャンゴ・ラインハルト、風、かぐや姫、ナターシャセブン、沢田聖子)
プロ野球観戦(家族みんな広島カープ)。
それと腎臓と薬に夢中です(趣味だと思えば何も辛くなくなります)