熊本大学臨床薬理学分野HP「育薬フロンティアセンター」のサイトは

こちらです。 ⇒ 育薬フロンティアーセミナーサイト

201809-10.jpg

熊本大学臨床薬理学分野HP「薬剤師のための医療薬科学研修会」のサイトは

こちらです。 ⇒ 育薬剤師のための医療薬科学研修会サイト

20180916.jpg

6月の育薬フロンティアセミナーでは 「好きになる腎臓のはなし」をやります!

6月5日(火)19:30~21:00 第65回「腎臓は何をやっているか?」

6月12日(火)19:30~21:00 第66回「腎臓の構造を知ろう」

6月26日(火)19:30~21:00 第67回「糸球体と尿細管の役割を知ろう」

7月2日(火)19:30~21:00 第68回「細胞内液と細胞外液はこんなにも違う」

講師:平田純生 

会場:熊本大学薬学部宮本記念館コンベンションホール

予約不要、参加自由、途中参加OK、途中退場OKの自由な会ですのでいつでも、だれでもお気軽にご参加ください。

 腎臓病の薬物療法を学ぶには腎臓病の病態を知る必要があります。腎臓の病態を理解するためには腎臓の解剖学まで知る必要がありますが、腎臓は脳と並んで複雑な構造をしており、その理解は解剖には弱い薬剤師の皆さんにはそれが欠けがちです。基本が分からないから、薬物投与設計、中毒性副作用、薬剤性腎障害、腎機能の極意がわからない。「楽しく学びながら、最終的にはすごい実力者になっている。」って理想的だけど、そんなうまい話ってないって思いこんでいませんか?楽しいからこそ学びたくなるのですよ、実は。興味もないのに「暗記しろ」って言ったって無理ですから。記憶力の悪さには定評のある平田が言うのだから間違いない。20180410_1.png

今年から臨床薬理学分野に入る学生の必読のテキストとして坂井建雄著「腎臓のはなし 130グラムの臓器の大きな役割」(中公新書、820円+税)を指定しました。この本、素晴らしく分かりやすいです。この本の内容も含めて、6月の火曜日は平田が新ネタで、4回続けて育薬フロンティアセミナーを行います。総合テーマは題して「好きになる腎臓のはなし」。乞うご期待。

育薬フロンティアセンターの詳細はこちらです。

 ⇒ 育薬フロンティアーセミナーサイト

20180419.jpg

 今まで糖尿病性腎症で第一選択薬はRAS阻害薬と相場は決まっていましたが、今後、アルブミン尿陰性の糖尿病性腎症ではRAS阻害薬にはこだわらないようになるかもしれないこと。動脈硬化性疾患の予防にはLDL-Cは100mg/dL未満にとなっていましたが、PCSK9阻害薬の登場・そしてその目覚ましい報告によって次期のガイドライン改定では、より厳格になるかもしれないこと。こんなことをケアネット、M3.com、日経メディカルなどからの受け身の情報からではなく、本物の論文の中身の解説を聞いてみたいと思いませんか?
 15017715_s.jpg添付文書などの三次資料に頼らず、PubMedなどの二次資料から情報を見つけ出し、一次資料である原著論文を読みこなしてみたいとは思いませんか?
 抄読会ではガイドライン改定につながるようなエビデンスの高い論文や腎関係、薬剤師関係の論文について解説し、討論・批判をすることによって薬剤師としての実力アップを図っています。参加は予約不要で、途中退場も途中入場も自由です。2017年の秋より、初心者でも、より分かりやすい抄読会を目指していますので、皆様、ぜひ一度、参加してみてください。

※抄読会HPはこちらです。

 2018年2月23日(金)に日本腎臓財団の功労賞を受賞しましたこと、謹んでご報告申し上げます。授賞理由は「日本腎臓病薬物療法学会」を設立し、薬物適正使用に貢献したことだそうです。でも決して私1人が頑張ったわけではありません。「日本腎臓病薬物療法学会」の元をたどれば、1999年に現兵庫医大薬剤部長の木村 健先生とともに設立した「関西腎と薬剤研究会」の設立にさかのぼります。初期設立ンメンバーや当時、和歌山医大教授だった秋澤忠男先生や、北九州腎薬の立ち上げに協力していただいた中本雅彦先生をはじめ、ご講演をいただき、ご支援していただいた諸先生方の温かいご指導のおかげで、現在、2,000人以上の会員の皆様に支えられる「日本腎臓病薬物療法学会」があると思います。会員1人1人の先生方、25を超える各地腎と薬剤研究会の役員の先生方のおかげで、私が代表して受賞させていただいたと身にしみて感じております。これまでお世話になりました関係者の諸先生方に心より御礼申し上げます。今回の受賞を励みに、さらなる薬物適正使用に関する情報発信に努めてまいりたいと思いますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

20180305.jpg

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
旧年中はひとかたならぬご厚誼を賜りまして、大変ありがとうございました。

  7月22(土)・23(日)にホテルメルパルクで開催された第3回日本医薬品安全性学会は日本全国から600名以上の参加で大盛況。大会長をやりながら、こんなに楽しい学会は初めてでした。多くの参加していただいた先生方には心より感謝申し上げます。
  我が愛しの広島カープがついにリーグ2連覇!しかし・・・・、苦手なベイスターズにまさかの4連敗で日本一の夢はまたも叶いませんでした。一昨年の優勝・カープ女子の増加のため、マツダスタジアムでのチケットが取れないので、僕はナゴヤドーム、京セラドームなどに遠征して応援しましたが、2勝6敗。カープはぶっちぎりのリーグ優勝をしたものの、勝率.250の情けなさ。マツダスタジアムでは胴上げシーンの見れるはずだった最下位ヤクルトの一戦も敗れましたが、もっと強いチームがいるということは、まだ目標を失わずに頑張れるってことです。お金がなくても練習量と気力で頑張れば、勝てるということを証明できたのは、とてもいい教訓になったと思います。
  1月~5月の育薬フロンティアセミナーは1月9日の調剤薬局の期待の星・育薬セミナー初登場の近藤悠希先生による「薬局薬剤師が防ぐ!医薬品の副作用 -有害事象を確認する・回避する・科学する-」から始まります。今年は薬剤師の職能拡大の可能性についてやりますので、多くの薬剤師の先生方に参加していただければ幸いです。
  今年で64歳になり、そろそろ定年までのカウントダウンが始まりますが、熊本城マラソンに3年連続エントリーします。グルコサミン・コンドロイチンが効いたのか?それとも毎日食べるヨーグルトとビタミンDサプリのおかげなのか?今年はいくら走っても全く膝が痛くならないのです。5時間を切って、歩かずに完走を目標としたいと思います。
  そして来年は第13回日本腎臓病薬物療法学会が11月に開催されます。学会は「学ぶ会」と書きます。学びたい人のためにあるのだからたっぷりと「学びたいこと」を、熊本から持ち帰っていただけるよう、ありとあらゆる企画を提供しましょう。その変わり、on, offの使い分けも必要なので、大いに楽しんでももらいましょう。とにかく、おなか一杯になるような熊本大会を目指します。「どれを聞いたらよいか迷った」と思わせるくらい内容にしたいと思っています。来ないと絶対に損ですよ!
  今年も平田は精いっぱい頑張りますので、本年もなにとぞよろしくお願いいたします。

皆様に幸多き年となりますように。

20180101.png

 7月22日(土)、23日(日)に開催された第3回日本医薬品安全性学会は有料参加者数559名、実行委員・学生アルバイトを除く総参加者数は606名で目標の600名に達し、過去最高の参加者数になりました。

  また今までに学会を開催しても、ほとんど終了後の感想を聞いたことがなかったのですが、今回の安全性学会に関しては「教育講演が豪華だった、活気があった、プログラムが豊富で内容も良かった、会場が良かった、分かりやすいシリーズは勉強になった、くまモンが楽しかった」というような様々なうれしいご意見を頂戴いたしました。

  たまたま聞いた講演の演者の一言、ディスカッションで交わされた言葉、たったそれだけで1人の医療人がレベルアップすることがあります。私も40歳まではダメ薬剤師でした。でも様々な人との出会い、助言、そして数々のプレゼンを聞き、大きな影響を受けることによって、ダメ薬剤師から脱却することができました。学会に来ると、このような出会いがあるかもしれないということを期待して、皆さんも、せっかくの土日をつぶしてでも学会に来てくれるんですよね。そして学会を作る側の僕たちも「実はしんどいと思うこともあるんだけれど」、学会を目いっぱい頑張って開催したくなるんじゃないかと思います。

 メイン会場になるはずだった熊本市民会館が地震によって使える状態ではないことから、宇野理事長と話し合い、一時は開催中止を考えたこの学会。企業セミナーがつかないため、資金が全く集まらず、非常に困窮したこの学会です。これは平田の責任でございます。申し訳ありません。でも資金集めのために私を救ってくれた熊本の組織委員の先生方をはじめとしたオール熊本のメンバーで何とか開催できるようになりました。安上がりではありますが、さみしい大会にはしたくありませんでした。豪華で面白いプログラムを作るために多くの先生方が手弁当で賛同してくれましたことは、涙が出るくらいにうれしいことでした。

 熊本での医薬品安全性学会に来ていただき、ありがとうございました。復興さなかの熊本に来ていただきありがとうございました。熱いディスカッションをしていただきありがとうございました。熊本に来ていただいた多くの先生方、そしてこの学会の運営に携わっていただいた実行委員の先生方・組織委員の先生方、学生の皆様、1人1人に心より感謝申し上げます。

20170726.png

 7月22日(土)〜7月23日(日)に熊本で開催される第3回日本医薬品安全性学会・学術大会が近づいてまいりました。場所は熊本の都心部のホテルメルパルク熊本(熊本市中央区)です。日本医薬品安全性学会は、医薬品の適正使用の推進によって有効性と安全性を確保することを目的として発足し、いつも活発な討論が売りの学会です。

 今回は特別講演の東大・澤田康文先生、アレルギー性副作用の大家・宇野勝次先生の理事長講演、「薬局にソクラテスがやってきた」で話題の山本雄一郎先生、どんぐり工房の菅野 彊先生など超豪華メンバーの講師の先生方が来ていただけることになりました。もちろん、私・平田も大会長講演、ランチョンセミナー、シンポジウムなどで講演させていただきます。もう1つの今大会の売りは「医薬品安全性のための「よく分かるセミナー」です。1コマ30分で、分かりやすい内容の医薬品安全性に関する内容が1つの会場で22演題あります。初学者の方、学会が初めての方、これから勉強を始めたい方にとっても、非常に勉強になると思います。

 歴史を感じさせる復興中の熊本城、水前寺公園、黒川温泉、雄大な自然に囲まれた阿蘇はとっても素敵です。下通り・上通りなどに代表されるショッピング、食事、ライブハウス、バーなどには大会会場から歩いてすぐの便利さです。学術大会に合わせて、熊本をじっくりご堪能いただければ、幸いです。皆様のご支援と多数の参加を心よりお待ちしております。

第3回日本医薬品安全性学会・学術大会 会長 平田純生
平成29年6月吉日

  第3回日本医薬品安全性学会・学術大会ホームページはこちらです。

非会員だと事前登録10,000円になります。
会員になれば(年会費7,000円必要ですが)5,000円とお得です。
当日だと会員8,000円、非会員だと15,000円になりますので、
参加を考えている方は、ぜひ事前登録されることをお勧めいたします。

  事前参加登録画面はこちらです。

 

 

20170601_1.jpg

詳細パンフレットはこちらからダウンロードできます。
 → 第3回日本医薬品安全性学会・学術大会パンフレット.pdf

 今回のマラソンの目標は自己ベストの3時間20分を切ること。10km地点は41分で通過。僕の実力からすれば早すぎるが、気分が高揚しているからか、あまり苦しくない。折り返し地点は1時間33分、好調が続いている。こりゃ、もしかして、このまま走れれば、3時間を切れるかもしれない。「栄光のサブスリーランナー」の夢がよぎった。

 だけど、前半飛ばしすぎたのがたたったのか、あるいは折り返し地点から続く向かい風のせいか、脚が思うように進まない。35kmを超えると脚全体が痛んでくる。ちょっとしたアスファルトの段差が膝に強く響く。だけど痛みをこらえ、頑張る。ゴールには由美ちゃん(当時彼女、現在妻)が待っているから。ゴールがやっと見えてきた。だが手元の時計を見ると、頑張らないとまた20分台になりそうだ。脚が思うように上がらないので、腕を思い切り強く振ってスピードをつける。ゴール地点に由美ちゃんが見えてきた。なんとか気力で3時間20分をぎりぎり切ってゴール。これが27歳の平成57年の44日の中日福井マラソンのこと。丹波篠山ABCマラソンでは何度も3時間20分台で走っていたが、初めて陸連に登録して公認の自己記録を作った。

 20170222_1.pngあれから35年。その後も何度かフルマラソンに挑戦したが、30歳を過ぎてからは、いつものことだが、左ひざが数kmから15km以内で確実に痛んで、それ以降はびっこを引きながら歩くしかなかった。去年の熊本マラソンも参加したが、数kmで膝が痛むのがわかっていたから、最初から歩いた。ただし関門は確か7時間までだから6時間で走れるようずっと時速7kmの速度を保ち、6時間で「完歩」した。今までのかかと着地だとすぐに左ひざが痛むので、今年からはつま先着地になるようにフォームを変え、コナミのジムのランニングマシーンでしっかりと走りこんだ。土日は2030km走ったが、つま先着地でマシーンだと膝が全く痛くならない。うまくいけば4時間ちょっとで完走できたはずだが、膝が痛めば競歩に切り替えるしかない。案の定、本番では13km地点で両ひざが痛み始めた。でも競歩に切り替えると全く痛みが出てこない。熊本マラソンでは沿道の声援がうれしい。広島出身の僕は去年は赤、今年は白のカープのユニフォームで走ったから途中何度も「カープがんばれ!」の声援をたくさんいただいた。去年も今年も36km地点では「母ちゃん(33年間連れ添っている由美子さん)」が待っていてくれる。39km地点を超えてから、歩くことをやめ、両ひざの痛みをこらえて、走り始めた。熊本マラソンのラスト1kmは急な上り坂。僕のタイムでは周りはほとんど歩いていたから、最後はおとなげない走りで、ほとんどごぼう抜き。「膝が痛くなかったら・・・・」。でも、「たら、れば」を言ったらきりがない。それでも去年より30分速い5時時間30分台でゴールできた。

  20170222_2.jpgゴールすると、そこは二の丸公園。熊本城の本丸・二の丸が視界に入ってくる。去年の参加賞のTシャツには立派な熊本城が描かれていたが、去年までの勇壮な姿と違って、眼下に映る熊本城は瓦がほとんどなく、屋根には野草が茂ってどこか痛々しい。確かに、本丸は見た目はいつもと違うが、それでもしっかりと立っている。今年のTシャツには「Start! Kumamoto」と書かれている。これから出発なのだ。

【熊本マラソン後の本丸と二の丸(219日平田撮影)】


 
この二の丸公園で今年の723日(日曜日)の早朝には日本安全性学会のみんなと一緒に早朝ランニングする予定だ。2年後には、再び立派な本丸に戻っているはずだが、この痛々しい姿の熊本城は、なぜか人生を感じさせてくれる。無機的ではなく、生きているような感覚を味あわせてくれる。このような傷ついた本丸の姿を拝めることは2年たてば二度とない。荒城となった熊本城、それでもしっかりと立ち続けている本丸を見ながら、7月には、みんなで一緒に風を感じながら走りましょう!

 

20170222_3.png

 現時点で薬剤師が処方権を持つことには賛成しかねる。薬剤師は医師の処方を患者の病態、薬物の特性を十分理解したうえで、より有効かつ安全で、目の前の患者さんに配慮した最高の薬物療法を提供するという崇高な職務を全うすべきであり、ScienceをベースにしたIntelligenceの高い職種であると考える。
 そのためには「薬物療法のすべてに関して責任を持つのが薬剤師」といわれるようにしたい。しかし今の薬剤師の問題はその多くがOrder-taker(指示されないと仕事ができない人)であることではないだろうか。薬剤師が今後のスキルミックスによって薬物療法に対して例示された業務内容を受身的にやるだけでなく、より大胆かつ先進的な業務を推進・標準化し、医原病となるような副作用をなくし、患者様にとってより良い薬物療法を提供できるよう主体的に取り組まなければならない。そのためには薬剤師はSelf -starter(自分からイニシアチブをもって仕事のできる人)にならなくては。
 医学はアート、薬学はサイエンスとよくいわれる。患者の特性と薬物の特性を十分理解してうえで、最高の薬物療法の提供するのが薬剤師の職務。
 うまくいかない薬物療法を何とか改善したいという思いが臨床研究に駆り立てる。そのうまくいかない理由を徹底的に追及して行けば薬物療法は薬剤師の力によってよりよくなる。それが薬剤師の本来の姿なのではないのだろうか?
 日病薬から例示されたからやるのではなく、今、この患者さんの薬物療法に対して何が問題で、誰が主体的になって薬物療法を改善していくかを考えると、薬剤師である自分が主体的に改善するしかない。職能拡大は与えられるものではなく、実績を残した証しとして自ら勝ち取っていくものでは?

30156287.jpg

プロフィール

平田純生
平田 純生
Hirata Sumio

趣味は嫁との旅行(都市よりも自然)、映画(泣けるドラマ)、マラソン 、サウナ、ギター
音楽鑑賞(ビートルズ、サイモンとガーファンクル、ジャンゴ・ラインハルト、風、かぐや姫、ナターシャセブン、沢田聖子)
プロ野球観戦(家族みんな広島カープ)。
それと腎臓と薬に夢中です(趣味だと思えば何も辛くなくなります)

月別アーカイブ